かしいさんのはじめて個人開発

お笑いライブ検索サイト「ワラリー!」を運営しているフリーのWEBエンジニアです。超ド初心者がつまづきがちな、個人開発にまつわるあれこれを書いていきます。

【技術書典6】「個人開発がやりたくなる本」発行のお知らせ #技術書典

そろそろ、個人開発。

「個人開発がやりたくなる本」は、個人開発を「手軽に始めて」「むりなく続ける」コツが詰まった1冊です。
f:id:bitokosubcul:20190122234707j:plain:w300

「自分でサービスをつくってみたいけれど、なにをすればいいかよくわからない」
「ひとりで開発してみたけれど、モチベーションが続かず挫折してしまった」
「サービスを公開したけれど、人が寄り付かずそっとサービスを終了した」
「運営を続けているが、なかなか伸びなくて悩んでいる」

この本は、そんな個人開発にまつわる悩みをかかえるあなたに向けて書かれた本です。
プログラミング初心者や学生、運営10年越えのベテランから起業家まで、全13名の個人開発者が自分の体験談をふんだんに語っています。
開発手法、集客やモチベーション管理、やっぱり気になる収益など、個人開発のリアルがまとまった本となっております!

内容

1部 やさしい個人開発のはじめかた

  • 初心者のための個⼈開発マニュアル〜Web未経験から3ヶ月でつくるWebサービス
  • アイデア出しからリリースまで〜Webサービスの開発テクニックを徹底解説
  • 凄腕学生エンジニアが語るWebフロントエンドReactのススメ
  • 忙しい人のための、個⼈開発のモチベーションを維持するためのポイント5つ

2部 個人開発でバズった人のないしょ話

  • 1日20PVから突如100,000PVを達成した地味なサービスの話
  • 累積120万DL!⼤量の「クソアプリ」を作ってみたらなぜかインドで大ヒット

3部 教えて!個人開発の収益事情

  • スマホアプリの個⼈開発は儲かるのか?ダウンロード数と収⼊報告!
  • お金をかけないお手軽スクレイピング術〜ライブラリやアーキテクチャ紹介

4部 個人開発のない人生は、きっとつまらない。

  • 熱くて悪いかっ!会社が潰れて1ヶ⽉でアプリリリースして起業した話
  • ⾼専卒の理系Webエンジニアが100社の法⼈営業で成長した話
  • 夢を叶える!休日エンジニアが挑む地域創生

5部 Webサービス10年目の個人開発者からの手紙

  • 10年つづくWEBサービスの作り方〜地道な宣伝から法人契約までの道のり〜
  • それでも僕は個人開発を続ける。個人開発の絶望と希望

付録

さらに!

「141人に聞いた!みんなの個人開発事情アンケート」

を付録として収録予定です。

この本と一緒に、あなたも個人開発をやってみませんか?

頒布物概要

f:id:bitokosubcul:20190122234707j:plain:w300

  • 書名: 個人開発がやりたくなる本
  • サークル名: #IndieCoderJP
  • サイズ: B5
  • 頒布価格: 協議中!
  • ページ数: 150ページ程度
  • 頒布スペース: か65「ザ・シメサバズ」(@nabettuさんのスペースでの販売です!)

f:id:bitokosubcul:20190221020119j:plain

4/14(日)、池袋サンシャインシティ2F展示ホールDの技術書典6にてあなたをお待ちしております! (イベントに来られない方・紙より電子派な方向けに電子版も4/14(日)以降に販売予定です!)

Twitterにてハッシュタグ #個人開発がやりたくなる本 でも情報を配信していきますので、ぜひチェックしてください!

※制作中のため、収録内容は変更になる可能性がございます。
※書籍の発行から3ヶ月以上経った場合、各記事は執筆者個人のブログや書籍などにて再録される可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。

執筆者一覧

WEBサービス(ツール系)

WEBサービス(メディア系)

スマホアプリ