かしいさんのはじめて個人開発

お笑いライブ検索サイト「ワラリー!」を運営しているフリーのWEBエンジニアです。超ド初心者がつまづきがちな、個人開発にまつわるあれこれを書いていきます。

【メモ】第6回個人開発者Meetup@大森 に参加してきました #solo_dev

f:id:warallyinfo:20180310165027j:plain
個人開発者どうしで集まってゆるく情報交換する交流会の第6回。
※あくまで自分が聞けた範囲でのメモとなります。

メンバー

@hideichi_saito フリー(たまに受託、個人開発メイン)、PHPエンジニア
hideichi saito (@binbin4649) | Twitter
<開発プロダクト>
二度寝しないモーニングコール 有マス | モーニングコールセンター
1回50ポイント(50円)でモーニングコールをかけてもらえるサービス
PRバズーカ
プレスリリースをメディアのタイプ別に配信
言語: PHP

@fujiwara_yuta フリー(常駐)、エンジニア
フジワラユウタ (@Fujiyama_Yuta) | Twitter
<開発プロダクト>
OFFICE CLOCK
LINEを使って勤務開始/終了を打刻できるサービス
言語: PHP

@takerunarita フリー(受託)、エンジニア
narita_takeru (@TakeruNarita) | Twitter
<開発プロダクト>
smart-review https://smart-review.jp/lp.html
開発したサービスのレビューがもらえるサービス
言語: ruby (ruby on rails)

@o_tomomichi
ほげにし (@kame_f_no7) | Twitter
<開発プロダクト>
THE TOURNAMENT | 簡単・便利な無料のトーナメント表作成サービス
THE TIMELINE | 無料年表作成サービス
言語: ruby (フレームワークなし)

@yut148 ゲーム会社勤務、サーバエンジニア
Tweets with replies by 末承認ビ-ルクズ洋楽聞き違い投稿サイト #misheardfun (@yut148) | Twitter
<開発プロダクト>
misheardfun
洋楽の空耳をyoutubeと連携して投稿できるサービス(未公開)
言語: ruby (ruby on rails)

こうさか SIer勤務、システムアーキテクト、プロダクトはなし(個人開発に興味あり)

@rubys8arks コンサル勤務、SAP(業務システム)コンサルタント
かしい (@rubys8arks) | Twitter
<開発プロダクト>
wArally! - お笑いライブ検索
首都圏のお笑いライブを検索できるサービス
言語: ruby (ruby on rails)

開発

エラーを解決できないときどうするか

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトに1件3000〜5000円の単価で解決を依頼
→sudo権限を付与してデバッグしてもらう。
→案件完了後はパスワード変更を忘れずに
Time ticketの場合、相場は3000〜5000円/h。成果報酬ではなく時給のため、「相談したが解決しなかった」、ということになりうる。
都内では無料/有料の相談会もあり。2〜3時間で500円〜1000円と安め。
ただ、コード自体を直してもらえるわけではなく、エラー解決のヒント(ググり方、修正すべき箇所の私的など)をもらえる。

勉強方法

独学が多め。基本はググる、あとは図書館で技術書を閲覧。その他気になる勉強会に参加など。気軽にアドバイスを頼める知り合いがいる人も多い。
プログラミング教室は0から転職したい人が使う(でも転職できないこともある)。

モチベーション

「資産を持ちたい」、あくせく働かずに利益を生み出したい
ローンチしてみると恐ろしいほどに反応が「無」のため、「なにくそ!」と思って開発のモチベーションとなる
公開しないと始まらないので、まずはスモールスタートで公開して運用する

集客

PRタイムス

最大手だが、取り扱い件数が多すぎてスタッフのオススメに選ばれないとほぼ広告効果がない。マスメディアに対して1000件単位で配信されるため、ピックアップに選ばれないと迷惑メールと同じ扱いに…。配信先のメディアは知らされない。1件3万〜5万円。
→マスメディアの元には10秒に1通プレスリリースが届くので、コネ(誰かのお墨付き)がないと相手にされない。
→PRバズーカを使ってネ(※宣伝)

潜在顧客にどうリーチするか

あるある課題
①バズるとwebエンジニア界隈では知名度が上がるが、一般層に波及していかない
②企業に売りたいが、大企業は大規模システムが必要、小企業は予算がないと売り込む方法がわからない
→要検討

ユーザーの投稿を増やす

とにかくフォームを簡素に!
閲覧者の「手伝いたい」「貢献したい」という気持ちをいかに育てるかが大事。
呼び掛けると案外こたえてくれる人がいることもある。

費用

資金調達

All-in形式のクラウドファンディング経験あり。(@CAMPFIRE)
初日PVは350程度で、初日にSNSで拡散された後も毎日100PVくらいで継続的に閲覧されていた。
1ヶ月間募集したが、出資は初日の1名のみ。(3000円)
個人のクラウドファンディングの難しさ。
→基本的には最初は資金をかけずにローンチ

月々のサーバー代

Heroku 無料プラン
→勉強会に行くとクーポンもらえるかも
firebase 無料プラン

無料プランでまかなっている人が多め。
開発したサービスで収益が出ている場合は投資(開発の外注や広告など)に回しやすい。

収益

収益は0円〜10万/月(課金制)とバラバラ。サーバー代とトントンという人が多め。

その他

・Twitter
相互フォロバ意味ない、フォロー時にDM送ってくるアカウントは100%bot、女の写真がアイコンの中の人は男
・Instagram
ハイパータグ付けの文化(最大30個)、一昔前のSEO(検索用に内容と関係ないキーワードを羅列)を彷彿とさせる…。
英語タグは外人からめっちゃイイネくる
・LINE
情報をLINEで配信するとちょっと楽しい。
LINE botの可能性
・RSS
下火、APIと名前を変えて生き残る

共通の課題

生計が立てられるほどマネタイズできていない😫
→機能追加、宣伝などを行って、まずは運用しながらユーザーを増やすことを目指す

個人開発者Meetupは都内にて不定期に開催中。
ご興味ある方は個人開発者MeetUp - connpassのフォローを是非。