かしいさんのProgateでは教えてくれないコト

お笑いライブ検索サイト「ワラリー!」を運営しているフリーWEBエンジニアです。超ド初心者がミスりがちなあれこれを書いていきます。

#技術書典 6のサークル配置をTwitterにある分でまとめてみたよ(164/全455サークル)

技術書典6の配置が発表されたので、Twitterに出ている分でまとめてみました。
技術書典6の配置は以下のとおり。全455サークルが参加する予定です。(2019.02.23 03:16更新)
※ジャンルはサークルが取り扱ってる内容を見て判断したざっくり予想です

f:id:bitokosubcul:20190221180428p:plain

f:id:bitokosubcul:20190221163110j:plain

これを書いてる人は「個人開発がやりたくなる本」という合同誌を「か65 ザ・シメサバズ」にて販売します。よかったらそちらも遊びにきてください〜!(宣伝)

続きを読む

【技術書典6】「個人開発がやりたくなる本」発行のお知らせ #技術書典

そろそろ、個人開発。

「個人開発がやりたくなる本」は、個人開発を「手軽に始めて」「むりなく続ける」コツが詰まった1冊です。
f:id:bitokosubcul:20190122234707j:plain:w300

「自分でサービスをつくってみたいけれど、なにをすればいいかよくわからない」
「ひとりで開発してみたけれど、モチベーションが続かず挫折してしまった」
「サービスを公開したけれど、人が寄り付かずそっとサービスを終了した」
「運営を続けているが、なかなか伸びなくて悩んでいる」

この本は、そんな個人開発にまつわる悩みをかかえるあなたに向けて書かれた本です。
プログラミング初心者や学生、運営10年越えのベテランから起業家まで、全13名の個人開発者が自分の体験談をふんだんに語っています。
開発手法、集客やモチベーション管理、やっぱり気になる収益など、個人開発のリアルがまとまった本となっております!

続きを読む

#技術書典 6にサークル参加したい人向け!最近の傾向と対策まとめ #techbook_meetup

もくもく執筆会 #techbook_meetup に参加して得た、技術書典に関する知見のまとめです!

  • 技術書典について
    • イベントの雰囲気
    • スペース作成時の工夫
  • 技術書典一般客のマインドについて
    • どんな本をみんな買いたいのか
    • 価格のつけ方について
  • 技術書典での本の販売について
    • どうしたら手にとってもらえるのか
    • 部数について
  • 技術書典で売れた本の成功理由
    • AWSをはじめよう(1500部売上):効果的なマーケティング
    • セイチョウ・ジャーニー (350部売上):共感しやすいストーリー
    • 完全版SIer脱出マニュアル(800部売上):インパクトのあるタイトル
続きを読む

個人開発サービスのリリースから1ヶ月、リアルな数字を公開します!(2018年版)

2018年11月から、お笑いライブの検索サイト「ワラリー!」を開設して運営してきました。
リリースから1ヶ月ちょっと経ったので、Google Analyticsの数値を元に2018年のデータを公開します。

  • サイトの数字についての前提
  • PV(ページビュー)推移:累計約62000PV
  • UU(ユーザー数)の推移:約21000UU
    • ユーザー数を増やす施策案
  • 登録ユーザーの推移:約300ユーザー
  • 集客チャネルの推移:73%が検索流入
  • まとめ
  • 2019年の目標
続きを読む

100個入ってわかった! 人が集まるSlackコミュニティ運営術

この記事はCrieitの「アドベントカレンダー Advent Calendar 2018」の14日目の記事です。 昨日はまんじゅ(´ん`)@CoderDojo駄Mentorさんの論理を煮詰めた正論は常に正しいだろうけど、時によっては鋭利なナイフにもちろんなるぞでした!

はじめに

駆け出しエンジニアのかしい(@rubys8arks)です。
個人開発を始めた頃、情報をもとめて地域のもくもく会やネット上のオープンコミュニティなどのSlackに入っていたら、気づいたら100個ものSlackに参加していました…。
いろんなSlackに参加する中で見えた、「こんなSlackは参加したい」という盛り上がっているコミュニティの特徴をまとめました。

  • はじめに
  • 1. Slack参加のハードルを低めにする
  • 2. 分報はつくった方が定着率高め
  • 3. カスタム絵文字は随時追加して充実させる
  • 4. Slackボットを活用してコミュニケーションを盛り上げる
  • 5. Slackのコアメンバーが積極的に発言する
  • 6. リアルイベントを開催する
  • 7. 内輪な雑談しかないのはツライ、励ましあいつつ知見を提供しよう
  • まとめ
続きを読む

15分でできる!Slackのオープンコミュニティの作り方

この記事はCrieitの「アドベントカレンダー Advent Calendar 2018」の12日目の記事です。 昨日はfk2000さんのHugoでブログ付きのポートフォリオサイトでした!

はじめに

駆け出しエンジニアのかしい(@rubys8arks)です。
技術書典でアンソロジー(合同誌)を出す関係で、Slackのコミュニティを新しく作成しました!
そのときに気づいたSlackのワークスペース作成の手順とTipsをまとめます。

  • はじめに
  • 1. ワークスペースの作成
  • 2. チャンネルの作成
  • 3. デフォルトチャンネルの設定
  • 4. ワークスペースのアイコンの設定
  • 5. カスタム絵文字(日本語リアクション)の設定
  • 6. メンバーをInviteする
  • まとめ
続きを読む

ブログSNS『Tumblr』を無理やりユーザー投稿型メディアとして運営してた話

この記事は、「個人開発サービスに用いられている技術 Advent Calendar 2018」11日目の記事です。
10日目の昨日はiotasさんの「創作支援ツール「WorldType」に使われている技術」でした!

はじめに

駆け出しエンジニアのかしい(@rubys8arks)です。 2017年10月〜2018年11月まで、お笑いライブの検索サービス「wArally!」(現ワラリー!)をTumblrのサブブログ*1サービスを使って運用していました。
Tumblrのいいところ、悪いところを紹介しつつ、WEBサービスとして使う場合の無理やり改変ポイントを解説します。 f:id:bitokosubcul:20181205042200p:plain

  • はじめに
  • 運営していたサイト
  • Tumblrのよいところ
    • 広告なし、デザインがすっきりキレイ
    • 無料・かんたんに独自ドメイン+SSLの設定が可能
    • シングルページでフロントエンドのみ自由にカスタマイズできる
  • Tumblrの無理やり改変ポイント
    • 「ゲスト投稿」機能を使ってユーザーからの投稿を受け付ける
    • 「フォローする」ボタンを消す
    • 「スキ!」「リブログ」ボタンを消す
      • LIKE数、コメント数を表示する部分を削除
      • LIKEボタンとREBLOGボタンを削除
  • Tumblrでサービス運営する際の注意点
    • コードのバックアップは必須
    • SEOが弱い
  • まとめ:TumblrでWEBサービス運営は無理がある、素直にポートフォリオサイトとして使おう

*1:Tumblrにはメインブログとサブブログの2種類のブログがある。メインブログは自分のタイムライン用という感じなので、静的サイトを作りたいのであればサブブログ推奨。Tumblrのメインブログとサブブログの違いについては公式ヘルプページを参照 メインブログとサブブログ

続きを読む

技術書はマジで誰でも今すぐ書ける。執筆の技術を勉強する会 #1 メモ #engineers_lt

週末なにしてますか?忙しいですか?技術書かいてみませんか?
「技術書・技術ブログはカンタンに書ける!!!」ということで初心者のための「執筆の技術を勉強する会 #1」の内容メモです。

techplay.jp

  • 自分を甘やかして続ける技術ブログの始め方
    • 問題:モチベーションが続かない
    • 解決法①:モチベーションを継ぎ足す
    • 解決法②:タスクのハードルを下げる
    • ブログを書くまでのステップ
    • 技術メモのためのサービス5選
  • おいでよ しっぴつの沼
  • アウトプットをほとんどしないペンギンが本を書いた話
    • アウトプットできない原因①:自信がない
    • アウトプットできない原因②:需要がない(という思い込み)
    • アウトプットできない原因③:本の作りかたがわからない
  • 課題管理で執筆をブーストする
    • 共同執筆の役割分担
    • 共同執筆するときに便利なツール
  • 印刷屋さんに入稿するまでにやったこと
  • 感想
続きを読む

ユーザーインタビューをはじめよう!目的、質問項目、分析などのコツまとめ

f:id:bitokosubcul:20180915005116p:plain

サービス開発者のための勉強会(#sdevtalks)第3回「ユーザーインタビュー」の内容メモです。

s-dev-talks.connpass.com

  • はじめてのユーザーインタビューでのしくじりはじめてのユーザーインタビューでのしくじり
    • サービス開発上の課題
    • ユーザーインタビューの注意
    • 当日までの準備
    • ユーザーインタビュー中のTips
  • なぜ?と聞かないユーザーインタビューを体験してみよう
    • ユーザーインタビューのNGワード
    • ユーザーインタビューのOKワード
  • ユーザーインタビューの落とし穴
    • ユーザーインタビューの重要性
    • ユーザーインタビューの落とし穴
    • ユーザーインタビューの落とし穴への処方箋
      • インタビュー設計(インタビューの目的)
      • リクルーティング
      • インタビュー手法
      • 分析
      • ネクストアクション
  • ユーザーインタビューを開発プロセスに馴染ませる
    • あるある問題
    • フェーズ別ユーザーインタビューの目的
  • 個人サービスでもユーザーインタビューを活かせるか?
続きを読む

転職に必要な○○力って?「SI業界からWEB業界へ転職したい人のための勉強会」内容レポ

f:id:bitokosubcul:20180720013454p:plain

SI→Web業界の転職したい人のための勉強会、転職成功LTの内容メモです。
異業種への転職という勇気ある行動を実践した方々のお話が聞けて、めちゃめちゃためになりました!

ex-sier.connpass.com

  • 理想のエンジニアに近づくために必要な2つの視点
  • 時系列で振り返る内定獲得までの"行動"
  • 転職する前にやっておきたいこと
  • なぜGitもHTTPも知らなかった金融系SIerが、Webエンジニアに転職できたのか?
    • 転職スケジュール
    • Output面接でアピールしたこと
    • 会社から評価されたこと
  • まとめ

※どこまで書いていいか線引きがよくわからなかったので、「ウェッブ系に転職するためのTips集」のLTについては割愛。

続きを読む